債権と通貨の関係

債権と通貨の関係

FXで爆発的に稼ぐ最新情報

FX初心者講座 債権と通貨の関係

債権と通貨

債権と通貨の関係は、基本的に、株と同じような法則が成り立ちます。

 

この法則を使ってFX(外国為替証拠金取引)で稼ぐことは十分に可能です。

 

しかし、これは株価の時と違って、「債権安=通貨高」という形になります。

 

ある国の債権の価格が落ちるという事は、少ない元手で高い金利が得られるという事ですので、その債権の金利が上がっているという事になります。

 

現在の外国為替市場では、「金利の高いところにお資金が集まる」という傾向が日に日に強くなってきています。

 

単純に説明しますと、債権価格が下がる→金利が上がる→外国のお金が集まる→通貨高になる ということです。

 

ただし、これはあくまで短期的に見た話であって、長期的に見ると逆になるケースがよくあるので注意が必要です。

 

なぜなら、金利が高いという事は、長期的にはそれだけインフレ率も高い可能性があるので競争力が落ち、その分、売られる可能性が高くなってしまうからです。

 

長期的には、逆に「債権安=通貨安」になる場合もあるので、期間を区切って考えていく方が安全です。

 

この債権と通貨の関係や株価と通貨の関係をしっかり理解することで、着実にFX(外国為替証拠金取引)で稼げるようになります。



ホーム RSS購読 サイトマップ