時間帯による差とは

時間帯による差とは

FXで爆発的に稼ぐ最新情報

FX初心者講座 時間帯による差とは

時間帯による差

FX(外国為替証拠金取引)は24時間取引可能です。

 

とはいえ、それは世界中のどこかしらの市場が動いているかであって、取引量の多い時間帯と少ない時間帯によって差が生じます。

 

一番多いのは、「ロンドン時間」と言われている東京の夕方から深夜です。

 

この時間帯では、EU諸国全域の銀行が取引をしており、東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。

 

また、明け方にはニューヨークの銀行が途中から参加しますので、一番取引量の多い時間帯となります。

 

さらにEU・アメリカの経済指標の発表などもこの時間帯に発表され、為替の変動が大きいのもこの時間帯となります。

 

逆に取引が少ないのが、東京の早朝です。

 

この時間帯で、ニューヨークのビジネスマンは既に帰宅しており、東京も本格的に参加する直前となります。

 

オーストラリアような、オセアニア系が取引の中心となり、参加者が減少します。

 

取引が少ないという事は、値動きが少ない事から、大口の仕手筋に変動させられる可能性の高い時間帯になります。

 

FX(外国為替証拠金取引)で稼ぐなら、ぜひこの時間帯を避けるようにしましょう。

 

こういった、時間帯による為替の変動に注意しながら取引を行うのが稼ぐ秘訣です。

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ